デリケートゾーン 臭い

Gスポットは開発されて、初めて感じる

Gスポットで感じるには「開発」が大事


Gスポットは、開発されないと快感に繋がらない性感帯であるとされています。もしかしたら、最初は痛みがあるかもしれません。

 

尿道の側にあるので、膀胱に刺激が及んで尿意を感じるかもしれません。

 

 

しかし、それが正常です。クリトリスも最初は痛かったはずでし、わき腹や乳首も最初はくすぐったかっただけという人も多いと思います。

 

刺激の程度を調整して(してもらい)、快感を得られるように刺激を加える事で、だんだん開発されていくと言われています。

 

 

開発が進めば、挿入で快感を得やすくなるはずです。快感の種類としては、クリトリスのように「局所的」な快感ではないですし、ボルチオ性感のように「全身」に快感が走るようなものでもないそうです。

 

おそらく「ここ!」と、その部分が分かるはずです。「膣全体で快感を得る」というようなイメージですね。

 

 

Gスポットの定義

30〜40パーセント程度の女性は、オーガズムを得られていないそうです。実際、エッチは体調や精神的要素によって大きく変わります。

 

Gスポットにも似たような事が言えるので、「この場所を、こうすれば、快感を得られるはずだから」

 

というような固定観念にはとらわれず、ある程度自由に快感を得られる箇所を探してみましょう。

 

 

「自分が気持ち良い場所がGスポット」というくらいの、考え方でちょうどいいと思います。

 

 

自分でもGスポットは開発可能

Gスポットは自分でも開発できます。まずは、膣の中を様々に撫でて探してみましょう。

 

撫でていて「脚に力が入らない!」というような感覚があれば、そこがGスポットです。おそらく、身体中に力が入らなくなるはずです。

 

 

そして、指の腹で押して刺激していくのが大事です。

 

円状にマッサージしたり、細かく指を震えさせたり、押したりと、自分自身が感じやすい手段で試していきましょう。

 

指に慣れたら、徐々に道具を使い始めるのも良いかもしれませんね。

 

 

>>>デリケートゾーンが臭い!イケメン彼が言った驚愕な一言とその結末とは!?

関連ページ

Gスポットとは?見つけ方は?
私は、みんなからはイケメンと言われてた彼と付き合ってました。そして、ラブラブだった彼と一緒に旅行に行った後から関係が一変しました。その原因がなんと私のデリケートゾーンの臭いだったのです。それを機に、今では臭いの悩みを完全に解消したので、同じ悩みを持つ女の子は参考にしてくださいね。