デリケートゾーン 臭い

Gスポットとは?見つけ方は?

Gスポットとは何か


女性のスポンジのような尿道海綿体の事を指して「Gスポット」と言います。独国の産婦人科医によって発見されました。

 

エッチなどの際に、性的快感を得やすい場所です。

 

 

膣口から3p〜5pほど入って膣前壁にあり、クリトリスのように局所的に存在するわけでなく、ある程度の「範囲」になっています。

 

自慰やエッチなどで開発する事で感じやすくなる部分ですが、大きな快感を得るまでになるには、それなりの訓練が必須です。

 

 

そして、刺激が及んで快感を得られると膨張していきます。

 

大きな快感を得られるようになれば、エッチの際の挿入でも、強い性的快感を覚えられるようになります。

 

 

Gスポットの探し方

Gスポットは、恥骨の裏側にあります。と、これだけでは漠然とし過ぎているので、さらに詳しく説明していきましょう。

 

Gスポットの見つけ方ですが、仰向けに寝て、膝を立てて、自分自身の中指をやや曲げながら入れてみましょう。この方法が最も挿入しやすいはずです。

 

 

そして、第二関節が膣口に挿入されるかされないかという辺りで、第一関節の指の柔らかい部分が触れている、少しザラ付いた部分がGスポットであると見られています。

 

 

Gスポットの探し方(詳細)

まず、サイズは硬貨くらいですから、範囲と言ってもそれほど広いわけではありません。ですが、以下のような手順で探せば、見つかりやすいと思います。

 

1、仰向けに寝る
2、両膝を立てる
3、普通のオナニーと同じく、膣を潤して、指を入れやすくする
4、十分潤ったら、準備完了
5、掌を上向きにして、右手(左利きの人は左手)の中指をやや曲げて、徐々に入れていく
6、中指の第一関節が挿入されるかされないくらいのところで一度止める
7、中指の第一関節の指の柔らかい部分を軽く擦りつけるようにして、右に左にスライドさせる
8、ザラザラしたところがGスポットです。

 

体質にもよりますが、見つかったGスポット少し押すと、初めて触れる場合でも少し感じるかもしれません。

 

 

 

関連ページ

Gスポットは開発されて、初めて感じる
私は、みんなからはイケメンと言われてた彼と付き合ってました。そして、ラブラブだった彼と一緒に旅行に行った後から関係が一変しました。その原因がなんと私のデリケートゾーンの臭いだったのです。それを機に、今では臭いの悩みを完全に解消したので、同じ悩みを持つ女の子は参考にしてくださいね。