デリケートゾーン 臭い

膣圧トレーニング

あなたの膣圧(締まり)、大丈夫?

・彼氏に「妙に入れやすいよね」と告げられた事がある
・出産して締まりが悪くなった
・入浴中にお湯が入りやすい

締まりが弱い、少し漏れやすい・・・。そんな時は、膣圧を高めるためのトレーニングしてみてはいかがでしょうか。

 

子宮と膣の大半は筋肉です

子宮と膣は、ほぼ筋肉で構成されています。

 

そのため、赤ちゃんを産むと緩くなりやすいのですが、その原因は「産道が伸びた」事ではなく、むしろ「伸びた筋肉が戻らなかった」事にあります。

 

出産後は腹筋が弱くなる傾向にありますが、理屈は同じです。

 

 

トレーニングで締まりを向上させよう

トレーニングによって、締まりを良くしていく事が可能です。

 

姿勢を正す事から始める

膣圧を上げるために、まずは姿勢を正しましょう。単純な事ですが最も重要です。お尻と腹筋に力を込めて、背筋をピンと張って座ります。

 

文章にするのは簡単ですが、案外疲れるはずです。まずは、日常の姿勢を改善して膣圧を上げていきましょう。

 

 

そして座る際も、お尻に力を入れてすぼめた姿勢できちんと座りましょう。座っている最中も、腹筋に力を込めて、猫背を避けるようにしましょう。

 

これだけでも、変わってくるはずです。

 

 

トレーニング手段

1:仰向けになって、脚を真っすぐに伸ばす。脚を床から15センチ程度起こして、そのまま15秒〜30秒程度止めます。これを5セット行いましょう。腹筋が強くなります。

 

2:トイレの際に出ているおしっこを止めてみる。1日1度でOKです。

 

3:肛門に力を込める、弱める、込める、弱める……を何回も行う。

また、筋肉を伸ばすためには、股関節のストレッチに取り組むのも有効です。

 

無理なく、股関節の伸びを感じるのであれば、方法は問いません。少し「痛気持ち良い」くらいがちょうど良く、筋肉の緩みが戻りやすくなります。

 

 

お尻の穴を締めましょう

膣壁の筋肉は、随意筋(自分で動かせる筋肉)ですが、男性器を締め付けられるほど、筋肉が太いわけではありません。大事なのは、お尻の穴を締める事です。

 

膣括約筋(膣を締める筋肉)と、肛門括約筋(お尻の穴を締める筋肉)は、会陰部で繋がっているので、連動して膣も締まるからです。

 

ですから、お尻の穴の締まりを向上させれば、そのまま膣の締まりも向上するのです。

 

 

どの膣圧トレーニングも、ちょっとしたスキマ時間に簡単に行えるものです。習慣になれば、彼氏を虜にする「締まる膣」になっていくと思います。

 

自分のためにもパートナーのためにも、見えないところでちょっとだけ努力してみてはいかがでしょうか。

 

 

>>>デリケートゾーンが臭い!イケメン彼が言った驚愕な一言とその結末とは!?

関連ページ

愛液の出る仕組みと働き
私は、みんなからはイケメンと言われてた彼と付き合ってました。そして、ラブラブだった彼と一緒に旅行に行った後から関係が一変しました。その原因がなんと私のデリケートゾーンの臭いだったのです。それを機に、今では臭いの悩みを完全に解消したので、同じ悩みを持つ女の子は参考にしてくださいね。
愛液の臭いって?
私は、みんなからはイケメンと言われてた彼と付き合ってました。そして、ラブラブだった彼と一緒に旅行に行った後から関係が一変しました。その原因がなんと私のデリケートゾーンの臭いだったのです。それを機に、今では臭いの悩みを完全に解消したので、同じ悩みを持つ女の子は参考にしてくださいね。
膣慣れとは?
私は、みんなからはイケメンと言われてた彼と付き合ってました。そして、ラブラブだった彼と一緒に旅行に行った後から関係が一変しました。その原因がなんと私のデリケートゾーンの臭いだったのです。それを機に、今では臭いの悩みを完全に解消したので、同じ悩みを持つ女の子は参考にしてくださいね。